0324制作所

漫画からイタリアまで好き放題描きます。画像・文章の無断転載は禁止です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリア■ヴェネツィア編

よし
一気にヴェネツィア編行きます。
画像 612
海の上の線路をバババと。

▽途中パドヴァに停車しました、この街は見てみたいなあ
画像 611


▽駅出てすぐ海です。ゴンドラがたくさんとまっています。
右下)聖マルコのシンボル・翼の生えたライオン。
画像 618 画像 677
画像 674 画像 732
画像 623 画像 636

▽ヴァポレット(水上バス)の駅。駅まで水の上なので待ってるだけで酔う。
画像 735
▽朝は浸水してました。
10月からは高潮だそうで、人が寺院に並ぶための台が設置されてます。
画像 647

▽鐘楼。これはエレベーターで昇れたのでラクラクです。頂上には自販機も。
画像 673 画像 657

▽鐘楼からのヴェネツィア。この街はやはりとても美しいです。
画像 662 画像 656
画像 649 画像 651
孤島の教会。サンジョルジョマッジョーレ すごい光景ですよねこれ。

▽ホテルダニエリ。ツーリストという映画でアンジーとジョニデが泊まってました。
画像 675

▽これすごく美味かった!!カンノーリ。チョコ味もあってそっちもとても美味かったです。
シチリアのお菓子らしいけどフィレンツェあたりからよく見かけたような...
右)左から二番目のもカンノーロ この形のほうがよく見ました。
カンノーリ?カンノーロ?カンノリーノ?どう違うんだろう...
画像 626 画像 638
ヴェネツィアは小さいお菓子や食べ物を売る店が多いです。観光都市だから?
▽これもまた名前はわからないですがおいしい。
画像 724 画像 751
△右)仮面のお土産を売る店もとにかく多いです。

観光場所のメインであるサン・マルコ寺院はやはり写真禁止だったのですが中はものすごい。
キンキラキンのモザイクで、よくこんなの作ったな..という圧巻の出来。素晴らしい!!
祭壇の裏にはこれまたヴェネツィアの栄華を象徴するような素晴らしいものが..別料金だったので迷っていたら、
出てきたアジア系のお姉さんが迷ってるなら見たほうがいいわビューティフル!みたいなことを言うので行きました。行って良かったー

▽昼と朝のリアルト橋。リアルト橋も渡るの忘れた!w
画像 722 画像 777

▽夜のサンマルコ広場。 路地や水辺は街灯も最低限でなかなかに暗いです。
画像 752 画像 771


■ゴハン・ヴェネツィア編■
▽名前は知りませんがこのピザを巻いたような食べ物最高です!!
注文したら、あっためてくれました。
この旅通して、生ハムとポルチーニの入ってるものは一切外れない。
画像 641
画像 633 画像 631
△フリットとポモドーロ。フライドポテトが見えるのはツーリスト仕様ですなあ...
▽最後に行ったオステリア。
画像 764 画像 766
スカンピとアスパラのニョッキ素晴らしかったな!!
ヴェネト料理色々です。
ここは英語メニューもなくて店員さんも英語ほとんどだめで辞書が大活躍
エビが生だけど大丈夫か?というのを理解するのにすんごい時間がかかったり挙句の果てには
かわいい素敵なチーフに辞書を渡して引いてもらったりなどと最後まで言葉に苦労しましたが、
結局出されたものは好き嫌いのないメンバーなのですべてたいらげまして、
最終的にキミタチ最高だからこれあげる!!とお菓子もらいました。
あーおもしろかったです。イタリアの方々は誉め上手です。
外国の方が頑張って日本語使ってくれると嬉しいのと同じで、向こうの人もそうみたいです。
イタリアの人はよくしゃべる。わからなくてもわかるまで話してくれます。

思ったのは、大変だけど色々頑張った方が面白いんじゃないか、ということです。
郷に入っては郷に従えとはよく言ったものです。

ホントやっといてよかったと思ったのは言葉の予習と、
名産や文化の最低限の知識をつけておいたことです。ホント最低限。実際私は何にも詳しくないです。
言葉は、最低限のフレーズを覚えて行ったのは本当に役に立ちましたよ。
ありがとうこんにちははもちろんのこと、トイレはどこですか、これ下さい、
おすすめはなんですか?などなど。通じないときは発音が悪いんじゃなくて、
声が小さいからで、はっきりでかい声で言うとほぼ通じます。カタカナ読みで。
確かに慣れないので人に話しかけるのは勇気がいるし、すごくテンパりました。
友人はテンパった末、ベリーサンキューという新しい言葉を生み出していた..
教本上で文字で見るだけではわからなかったことが、直接話すことで色々わかってくるのも、
ものすごく面白かった。言語面白すぎます。

名産に関しては、たとえばムラーノ島がヴェネチアングラスの本場ということを知らなければ
ムラーノのオリジナルだよと店の人に言われたときに何のことやらと思ったでしょうし、
そういう小さいことがちょいちょい役に立ちました。
あとは地図を数種類持っていったのは良かった。照らし合わせて使いました。
これらはどの国を訪れても、きっと共通に言える事なんじゃないですかね~

やーしかしなんにでもいえますけど、楽しいかも、と思ったことは頑張って何でもやってみるもんですね。
動かず(動けずに)にオトナな顔して講釈述べるより、子供じみて転がり続けることの方がいいと思う。
脊髄反射型の私はからかわれることも多くて頭にもきますけど、そこは、笑う奴を笑え、です。
楽しいことのために動き続けるてーのが、私のモットーなもんで。


さーーーーーーてまた漫画頑張ります!



| イタリアの旅 | 00:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT