0324制作所

漫画からイタリアまで好き放題描きます。画像・文章の無断転載は禁止です。

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

鎌倉 天園ハイキングコース

先日、鎌倉アルプスという、アルプスなんて名前がつくにはかわいすぎるところに行きました。

IMG_4063.jpg

建長寺から登ります。

IMG_4070.jpg

IMG_4079.jpg

IMG_4073.jpg

苔むした感じがいい雰囲気ですが、やぐらなども数多くあって、一人歩きはひんやりする感じでもあります。
兵どもが夢のあと、そんな言葉がぴったりです。

IMG_4082.jpg

IMG_4083.jpg

途中の茶屋で一休みして、獅子舞渓谷に入ります。

IMG_4085.jpg

いやーここ、紅葉時には非常に混み合うらしいですが、
私が行ったときは誰もいませんでした。
本当に、ひとっこひとり、いない......
聞こえるのは鳥の声と川のせせらぎだけ。
誰もいないって、いいなあ。。と思いつつちょっと怖くなり、サクサク歩きます。

IMG_4092.jpg

IMG_4094.jpg

IMG_4093.jpg

突然住宅街の横に出ておしまい!良いハイキングでした。
そのまま江の島へ行き、
孤独のグルメのゴローさんも訪れた店へ!
実は再訪。

IMG_4101.jpg

IMG_4103.jpg

湘南のしらすは大きめです。
私の地元では、もう少し小ぶり。
両方とも、おいしいです!

IMG_4104.jpg

IMG_4106.jpg

IMG_4098.jpg

海辺の夕方はきれいですねえ。
釣りしたいなあー。

やぐらの内部には、花が供えてありました。
誰もいないところでそれをふと見るのはびくっとしましたが、
今も誰かがそれを供えているのかなと思うと、
私たちも日本の歴史の一部分にいる、そして一部分にすぎないのだなーと感じたのでした。

| 低山を歩く | 19:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリア語における「H」ついてのお話

さて、鳴沢くん1巻P.127上段の「H」についての説明ですが。

間違えました..日本語を..。何やってんだ・・・

正しくは、
「ハ行」はイタリア人にとって発音が難しい、です。

H(アッカ、といいます)自体、存在はしています。
(オノ・ナツメ先生のACCAはここから来ているのでしょうね!(^^))

たとえば、SpaghettiとかHotel。Hは入ってますが、発音しません。
Spaghettiはスパゲッティだからゲ、
Hotelは英語や日本語ではホテル、ですが、
イタリア語ではテルと発音します。

ですから、ジュリエッタは春のことを、Haru(ハル)ではなく、
Hを飛ばして、Aru(アル)と呼んでいます。

そんなかんじ。
私の日本語の説明はかなり間違っていたのでした。
申し訳ない・・・・
わかってたのに何故かミスした、しかも日本語を。
何とも悔しいです。

他にも、J、K、Y、Wなんかは
イタリア語にとっての外来語に使われていることが多いです。

以上、訂正でした。

| 日常雑記 | 14:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |